メニュー
  • 028-667-3750
  • お気軽にお問い合わせください。

おおるりブログ

ホーム > 晃丘会ブログ > おおるりブログ > 節分

記事詳細

節分

2月2日(火) 「節分」の豆まきを行いました。

節分といえば2月3日のイメージがありますが、固定ではなく「立春の前日」というルールがあるそうです。

今年の立春が2月3日なので節分が2日となり、なんと1897年(明治30年)の2月2日以来124年ぶりとのことです( ゚Д゚)

また、節分が3日でなくなるのは1984年(昭和59年)2月4日以来37年ぶりだそうです・・・覚えてません(*´з`)

P1250669

 

 

節分の豆まきに豆を使うのには、「魔の目」や「魔を滅する」という語呂合わせもあり、鬼の目を狙って豆を投げつけることが鬼退治に繋がるとされていたそうです。

 

 

 

 

 

今年も豆まきの前に、蜜たっぷりの焼き芋とお汁粉を入居者の皆さんに召し上がっていただきました(*´▽`*)

P1250664P1250671

 

「こんなに大きいお芋食べきれるかしら」「お汁粉も甘くて美味しいね」と、皆さんほぼ完食されていました。

 

お腹が満たされた後は『当たり探し』ゲームを行いました。

P1250689P1250704

 

P1250681

 

 

一つ一つ片手でコップの中を確認し、たくさんのコップの中から4つの当たりを探し出します。

一つ目のコップが当たりだった方もいれば、なかなか見つからず皆さんと協力して最後の一つを見つけたりと賑やかでした\(^o^)/

 

 

 

楽しんでいただいた後は「豆まき」です。

P1250656P1250655

 

赤鬼・青鬼に向かって思いっきり豆(甘納豆)をぶつけていただきました。

「鬼は外」「鬼は外」と、コロナの疫病退散を願ってでしょうか、元気な皆さんの大きな声とともに、ビュンビュンと豆が力強く投げつけられていきます。

P1250734P1250739

 

割と重みのある小袋の甘納豆に、鬼役の職員も避けるのに必死です(゚д゚)!

皆さん良いストレス発散になったご様子でした。

 

 

 

 

 

上に戻る