メニュー
  • 028-667-3750
  • お気軽にお問い合わせください。

晃丘会ブログ

ホーム > 晃丘会ブログ

沈殿藍作りです!

8月、藍染に使う沈殿藍作りにチャレンジしました。                   畑で元気に育った藍を刈り取り、 大きなバケツで水に浸し、3日置くと・・・ バケツの水は、濃い緑色に変色していました。           &

グループ外出

暦の上では立秋を迎えましたが、この暑さは一向に衰える気配が見られません・・・。 先日、クーラーを入れていない自宅の部屋の温度が39℃になっていたのに驚きました(´Д`) そんな猛暑の中、『サンキ越戸店』さんへグループ外出の募集をしたところ、11名の皆さんに参加いただきました。毎回大人気の『サンキ』さんです\(^o^)/ 8月8日(木) 午前の部・午後の部の2回に分けて『サンキ越戸店』さんにお邪魔しました(*^▽^*)    

7月 誕生会

梅雨が明けた途端セミの大合唱が始まり、本格的な夏に入ったのを感じています(;´Д`) 7月25日(木)7月の誕生会を行いました。     今月の誕生者は2名でした。 プレゼントのお花は「ベゴニア」です。 赤い花びらが重なり合った可愛らしい花で、花言葉は「幸福な日々」です(*^_^*)           今月のお菓子は、暑い夏に少しでも涼しくなって

おおるりの森夏祭り!

  いよいよ夏本番ですね~(*^_^*) 急に猛烈な暑さが続いておりますが、夏バテや熱中症に皆様も お気をつけください。 さて、おおるりの森では先日、夏祭りを行いました♪ 今年はちょうどシルバー大学の方が実習にいらしていたので 前日の準備からご協力いただきました。 お祭り用のうちわや写真撮影用アイテムの作成、ゲーム景品の袋詰めなど 入居者の方も一緒に作業は楽しく進んでいきました。 準備もばっち

竹下まつり

7月20日(土)21日(日)の2日間、地域のお祭り『竹下まつり』が行われました。 2年に1回、シャトーおおるりの前をお神輿が通るルートになっています。     入居者の皆さんは、休憩に立ち寄った子ども達にアイスとお菓子を配る大役があるので、お神輿が来る前に田中医院前でスタンバイ(*^^)v              

令和元年度さんあびふれあいまつり(創作班販売イベント)

7月7日、生活介護支援・創作班の製品販売で、さんあびふれいあいまつりに参加してきました。 毎回、大勢の人が集まる大きなお祭りなのですが、この日は特に大盛況ですごい人・人・人! 今回は新製品の発売があるので、いつにも増してドキドキしながらの販売開始です(笑) 舞台を控えたレオタード姿のたくさんの可愛い女子たちが通路を通りながら、ひばりのブースをチェックしてくれています。 「可愛いー!!あれ、何!?」の声をキャッチ♪ よくぞ気付いてくれました(笑)これが今回の新製品「ドーナツストラップ」で

竹下まつり ~「渡御祭」来る!~

7月21日(日)、子どもたちの元気な「わっしょい」の掛け声と、お囃子の笛や太鼓の音色とともに、晃丘会にお神輿がやってまいりました。 竹下町は、お囃子会の活動や、子供会の活動がとても活発で、この日も100人近い子供たちがお神輿を担いだり、お囃子の太鼓を叩いたりと、地域のお祭りを盛り上げていました。 竹下町の皆様、晃丘会に元気を届けていただき、まことに有り難うございました!

熱中症対策説明会

7月も中旬に入りましたが、毎日どんよりとした雨模様で梅雨明けが待ち遠しいですね(;´Д`) 7月18日(木) 暑い夏に備えて、今年も『株式会社大塚製薬 OS-1事業部』の三木様にお越しいただき、「熱中症対策説明会」を行いました。   「部屋の中にいるから大丈夫」「水分は摂ってるんだけど」と思っていても、汗や尿などで体から体液が減っているんです。 そして水だけを補給しても体液が薄くなってしまうため、同時に塩分と糖分をバランスよく摂ることで脱水症状を防ぐことがで

七夕の会 ☆彡

梅雨明けが待ち遠しいこの頃、ムシムシとした日が続いております(;´Д`) シャトーおおるりでは7月2日(火)に七夕の飾りつけ、7月4日(木)に七夕の会を行いました。 飾りつけは作るところからお願いし、きれいな飾りをたくさん作っていただきました。 短冊には素敵なお願い事が書かれていました(*^_^*)     皆さんの願いが届きますように・・・     ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

さん・あび ふれあいまつりに参加しました

7月7日、宇都宮市サン・アビリティーズで行われた「第12回 さん・あび ふれあいまつり」に生活介護支援 創作班のメンバーと一緒に参加してきました。 ヘアゴム、木工製品、絵本、ラスクの他、今回は新商品のチュールで作ったストラップも販売。売れるかな?とドキドキしながらの販売でしたが、「かわいい!」と、たくさんの方が手に取ってくださいました(^^♪ 一緒に販売していた利用者さんも、一生懸命に商品をアピール。   ボランティアで来られていた中学生たちが木製ゲーム

上に戻る