ホーム > 晃丘会とは > 歴史・沿革

晃丘会の歩み

晃丘会の歴史と沿革

昭和56年 3月19日 社会福祉法人晃丘会、法人認可を受ける(厚生省社第198号)
昭和56年 4月1日 栃木県宇都宮市竹下町435番地9に社会福祉法人晃丘会を設立。
田中イシ氏が理事長に就任する。
昭和56年 10月1日 軽費老人ホーム[B型]シャトーおおるり 事業を開始する。(定員50名)
平成8年 6月18日 田中豊治氏、理事長に就任する。
平成13年 11月1日 「ひばり」事業開始。
平成13年 11月1日 「ひばり」事業開始。
知的障害者更生施設 ひばり (入所定員30名)
身体障害者デイサービスセンター ひばり (利用定員15名)
※併せて、知的障害者短期入所事業(定員4名)・児童短期入所事業(定員4名)を開始する。
平成17年 12月1日 知的障害者地域生活援助事業 グループホームつぐみ 開始。(利用定員4名)
平成18年 2月1日 ひばり通所部を開設する。
平成18年 4月1日 障害者自立支援法施行となる。
平成18年 8月1日 老人居宅介護等事業 ヘルパーステーションおおるり 事業開始。
平成18年 10月1日 デイサービスセンター廃止により、市町委託事業として「地域活動支援センターひばり」開始。
また、公益事業として、日中一時支援事業を開始する。
平成19年 3月31日 ひばり通所部事業を廃止する。
平成19年 4月1日 障害者自立支援法による新体系に移行する。
下記事業所指定を受ける。
●指定障害者支援施設 ひばり (施設入所定員30名)
●指定障害福祉サービス事業所 ひばり (利用定員55名/1日)
生活介護  (利用定員33名/1日)
自立支援(生活訓練)  (利用定員6名)
就労移行支援  (利用定員6名)
就労継続支援[B型]  (利用定員10名/1日) (知的)
●地域活動支援センター ひばり  (利用定員15名/1日)
●日中一時支援(日中支援型・放課後支援型)  (利用定員6名/1日)
●指定障害福祉サービス事業所 つぐみ (定員5名)
清原台 ケアホーム3名・グループホーム2名
●居宅介護事業所 ひばり(身体介護・家事援助)
平成19年 5月1日 指定障害福祉サービス事業所 つぐみ 事業内容変更。
つぐみ清原台(ケアホーム5名)
つぐみ石井(ケアホーム5名・グループホーム1名)
平成21年 2月1日 指定障害福祉サービス事業所 つぐみ 定員16名に変更
つぐみ陽東(定員5名)開設。
平成21年 2月1日 指定障害福祉サービス事業所 つぐみ 定員16名に変更
つぐみ陽東(定員5名)開設。
平成21年 2月19日 ひばりパン工房竣工。(平成20年度栃木県自立支援特別対策補助金)
就労支援のための事業開始。
平成21年 4月1日 指定障害者支援施設 ひばり
生活介護 利用定員33名から38名に変更。
平成21年 5月1日 老人居宅介護等事業 ヘルパーステーションおおるり 介護予防事業開始。
平成21年 11月11日 ひばりパン工房 一般販売開始。
平成22年 8月1日 老人居宅介護等事業 ケアプランおおるり 事業開始。
平成23年 3月31日 居宅介護事業所ひばり 廃止。
指定障害者支援施設ひばり 事業内容変更。
生活介護 利用定員38名から40名に変更。
平成23年 4月1日 就労継続支援(B型)事業所ひばり(定員20名)開設。
指定障害福祉サービス事業所 つぐみ竹下(定員5名)開設。
平成24年 4月1日 特別養護老人ホーム おおるりの森(定員50名)開設。
ショートステイおおるりの森(定員10名)開設。
デイサービスおおるりの森(定員12名)開設。
平成25年 4月1日 相談支援事業所 サポートセンターひばり開設。
平成25年 4月1日 特別養護老人ホームおおるりの森増築。(定員70名)
平成26年 4月1日 軽費老人ホーム(B型) シャトーおおるり、ケアハウスに事業変更。(定員40名)
平成31年 4月1日 指定障害者支援施設ひばり 事業内容変更。
生活介護 利用定員40名から60名に変更。